田舎不動産取引基礎知識不動産トラブル事例

不動産トラブルはこうして起きる 

写真は東京 御台場からゲートブリッジ 
 利益を得るのが企業の存在目的である以上、不動産トラブルは絶えることの無いテーマです。多くの企業の社是では社員は顧客に誠実で嘘をつかず信頼を得るように努め、疑念や不安を与えないことが最も大切というような事が謳われています。   
 でも販売担当者としては売るためには物件のデメリットはなるべく言いたくありません。  ともすると本当の事を言わないでおこうとしたり、中には嘘をつくひどい社員が存在するのも事実です。
 不動産業者が【千三つ屋】 と言われる所以です。
 不動産売買契約書、重要事項説明書などに係わる本当にあった不動産トラブルの相談事例です。 トラブルの未然防止と解決のヒントに!



 ■ 不動産トラブル はこうして起きる13ヶ条
わかりやすい不動産用語

わかりやすい不動産売買知識

もう一度よ〜く考えよ 不動産占い


 ■ 自分だけは大丈夫と思っている貴方のための9ヶ条 
 ■ 事例1 (売買契約書に関すること)
 ■ 事例2 (契約の解除に関すること)
 ■ 事例3 (売却全般に関すること)
 ■ 事例4 (媒介契約と仲介手数料に関すること)
 ■ 事例5 (重要事項説明書と物件調査に関すること)
 ■ 事例6 (物件の瑕疵と瑕疵担保責任に関すること)
 ■ 事例7 (不動産業者に関すること)
 ■ 不動産トラブルが起きたときの相談機関等


 個人情報保護について  このホームページをご覧いただく前に