田舎不動産取引基礎知識誰にでも出来る不動産取引の個人売買

誰にでもできる不動産取引の個人売買−個人売買不動産の取引サポート


取引サポート・トップ T物件調査 U契約書類の事前チェック V契約・決済サポート ≫≫ お申し込み

 最近はインターネットの普及によってあらゆる情報を取得することが容易になってきました。不動産物件情報も例外でなく、 インターネット上で広く公開されている情報によって仲介業者を介せずに売主買主間で直接取引できるようになりました。
 しかしながら、個人間の不動産取引では不動産に関する法律による規制の見落としや、 地域の不動産取引の慣行の違い、権利関係のトラブルなどに遭遇する危険も多くひそんでいます。そのほか売主買主の自分勝手な思い込みなどによってもトラブルは発生します。

仲介業者を介した場合でも、物件に関わる法律関係や取引に関する諸課題を業者は重要事項説明書を交付し、説明するよう法律で義務づけられていますが、 業者の不勉強、契約関係書類の間違い、悪意によるごまかし、言葉の行き違いなどの様々な要因によってトラブルは発生します。
更に不動産業者が売り主と買い主の両方代理を行うことによる取引の不明朗さや不正などがあとをたちません。
 一般の方が安全で安心して不動産取引が出来るよう、それぞれの当事者とは利害関係のない不動産アドバイザーが必要です。

只今、サポートのお申し込みは受け付けを停止しています。「不動産取引Q&A」をご覧ください。

自分で見つけた物件を直接相手方と取引したい方、 自己所有の不動産を売却するにあたって法的規制などを確認しておきたい方などのために、無料の不動産取引サポートを行います。
  • 知り合いから紹介された不動産を個人売買で購入することにしたが、取引方法がよく解らない。
  • トラブルを避けて安全で確実に相手方と取引をしたい。
  • 不動産業者が売主の物件で気に入ったのがあるが、今ひとつ営業担当者の説明がよく理解できない。
  • インターネットオークションで希望の物件を見つけたが、物件に問題がないかどうか調べたい。
    ・・・などの場合に、ご利用下さい。


<制作・著作> エコライフ住友